Le Quatorze Juillet、7月14日はパリまつりの日。 | モリエ米店

2016/07/14 08:59

『巴里祭』の原題が『Le Quatorze Juillet』で、その直訳は7月14日。
1789年7月14日のバスティーユ牢獄襲撃事件を祈念した「フランス国民祭」だそうです。

日本では輸入映画配給会社の東和によるルネ・クレールの映画を『巴里祭』という邦題でヒットした結果、
日本ではこの日を巴里祭と呼ぶようになったそうです。
ちなみに命名者の川喜多長政さんは「パリさい」ではなく、「パリまつり」と呼んでいたそうです。

ずいぶんと規模が小さいし、革命的でもないけど、
今年は50周年です。

もちろん、私も「東部踊り連」で今年も踊りますので、
よろしくね。